パリ情報

パリのさまざまな情報を掲載しています

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 今日のパリ
  4. 花の都その1

花の都その1

花の都パリとはよく言いますが、それは正しくその通りで、花の季節ともなれば街中あちこちがお花だらけです。道路際にも関わらずどでかい迫力満点のハンギングもあれば、カフェの屋根にずらっと並べられたゼラニウム、街路樹の近くににょきっと伸びたジキタリスなど、春から夏にかけてずーっと楽しませてくれます。ルクサンブルグ公園や、チュイルリー公園などの大きい公園に行けば、ボーダーガーデンや、いわゆるフレンチガーデンも見られます。


そんな中、僕がなんといっても目に焼き付いているお庭は、7番線南の終点近く、パリ郊外のとある一軒家。芝生の真ん中に大きなハクモクレンの木が立ち、その周りに赤や黄の小さな花があちこちに咲く家があります。(人の家なので写真と住所は載せられません・・・)

ここで感動した理由は、まるで落ちた花びらのことまで計算しつくされたかのような庭造りにあります。
そう、モクレンの真っ白で大きな花びらが、周りの小さな花と絶妙にマッチして、庭が完成されているんです。辺り一面が花で覆われ、息をのむような風景がそこにはありました。

掲載している写真は、街ぶらりをしているときに撮影したものです。

撮影した場所:14 rue Croix des Petits champs 75001 Paris
マップを見る

書いた人:Tomoya

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事