パリ情報

パリのさまざまな情報を掲載しています

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 今日のフランス語
  4. 今日のフランス語「オンセツノススメ」【le Ciel フランス語教室】2021/5/4~5/5

今日のフランス語「オンセツノススメ」【le Ciel フランス語教室】2021/5/4~5/5

le Ciel フランス語教室
https://www.facebook.com/ecole.leCiel/
http://france-go.com/

今日覚えたい発音:

何度目かのオンセツノススメ 2021/5/4
Au revoir, à la semaine prochaine ! Bonne fin de soirée !!
さあ、今日も音節を数えてみましょう。
Au revoir.
これは大丈夫ですね?
念のために辞書を引いてみましょう。
(パソコンから簡単に辞書にアクセスできるので楽ちんなのです)

[o r(ə-)vwaːr]

おなじみの、謎の [(ə-)] が出てきましたよ。[ə]は要るの?要らないの?
[ə] の母音はデフォルトでは「発音しない」と考えるほうがいいのです。
という訳で [o rvwaːr] でいいですね。
!!!とはならないのです!!!
ここからが腕の見せ所です。←何の?
この [ə] が発音されなくなったことで、少し前後に変化が起こります。
[ə] を発音しないと、[rvw] と子音が2コと半子音1コが並ぶ発音しづらい状況が生まれてしまいました。
そこで2コ並んでいるの子音の真ん中で分けます。

[or vwaːr]

となりました。
まだ変化することがありますよ。
最初の [o] の後に子音が続くことで、音節の最後の音でなくなってしまいました。そんな場合は [o] が [ɔ] になります。(専門用語では、開音節が閉音節に変わった、ということです。)
次に続く子音を発音する準備をするために、狭い母音 [o] が広い母音 [ɔ] に変わったのです。僕たちも「オー」と母音を伸ばしてみると口が勝手に開きますよね。それは次に「口の中で何かをする」という準備なのです。
標準フランス語の正解は
[ɔr vwaːr] となりました。← [ː] は今回は扱わないこととします。どちらでも問題ありません。
したがって「2音節=2母音」ですね。[ɔ] と [(w)a] ということです。
あっ、長くなってしまいました。
続きは明日です!
à la semaine prochaine ! Bonne fin de soirée !!
の発音記号及び音節を数えてみてくださいね。
辞書の発音記号と実際に話されている音を書き取った発音記号では、多くの場合「違うもの」です。
ここが「腕の見せ所」です!←何の??

オンセツノススメ② 2021/5/5
Au revoir, à la semaine prochaine ! Bonne fin de soirée !!
さあ、今日も音節を数えてみましょう。
今日は “à la semaine prochaine” です。
では早速辞書で発音記号を確認しましょう。

[a la s(ə-)mεn prɔ-ʃεn]

なるほど。
今日も真ん中あたりの [s(ə-)mεn] が問題になりそうです。
[ə] を発音するとすれば [a la sə-mεn prɔ-ʃεn]
[ə] を発音しない場合は [a las mεn prɔ-ʃεn]
こういった音の切れ目になります。
昨日も書いたように [ə] は発音しないことを基本に考えたほうが「今のフランス語」の発音が見えてきます。
[ə] を発音しない場合は、子音 [s] が母音の支えを失い、別の母音を探したくなるのです。
後ろは子音なので、より安定して発音しやすくリズムを作る母音を探すと、直前にあるではないですか。
結果的に [a] にひっついていき、[las ≒ ラs] のような音になります。
この表現を自然に発音すると5音節です。
またスペースに余裕があるので(まだ読めますよね?)、Bonne fin de soirée. も確認です。
辞書を引いてみます。

[bɔn fε̃ d(ə) swa-re]

また (ə) が出てきましたよ。悩ましいですねえ。
昨日の au revoir [o r(ə-)vwaːr]
今日の à la semaine prochaine [a la s(ə-)mεn prɔ-ʃεn]
そしてこの bonne fin de soirée [bɔn fε̃ d(ə) swa-re]
ほぼすべて同じ音の並びです。
「母音ー子音ー(ə)ー子音ー(半)母音…」
おわかりになりましたね。
bonne fin de soirée も [bɔn fε̃d swa-re] と [d] の音は左の母音にくっついてしまいます。
この表現を自然に発音すると4音節です。5音節で発音しても問題はないのですが、全体にモッチャリした印象を与えます。
(「モッチャリ」って通じるのだろうか。スッキリせずに「重い」ということです)
もう一つ音の変更点があります。
médecin という語を耳にした時真ん中に「ツ」のような音を感じませんか?

[d(e)-s]

という並びの時には、[d] の音が右にある無声子音の影響を受けて [t] になってしまうのです。この現象を「同化」と呼びます。
同様に自然な速さで “bonne fin de soirée” が発音されると、真ん中あたりで「ッワ」のような音が聞こえるのは当然のことなのです。
皆さん自分の耳を信用しましょう!
そんな聞き取りにも役に立つ発音講座が7月23日に開講されます。
詳細は「近日発表」です!!
いましばらくお待ち下さい。

書いた人:le Ciel フランス語教室
https://www.facebook.com/ecole.leCiel/
http://france-go.com/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事